HOME>特集>しっかり赤ちゃんをサポートする安全ツール

収納や移動もラクラク

ベビーカーは赤ちゃんがゆったりできる幅広シートになっています。そのため、フットワークが軽くなければなりませんが、コンパクトに折りたためることで適えられます。もちろん、『片手で』『一瞬で』というだけでなく、折りたたむと自立することにも注目度が集まっているようで、省スペースに収納したいのがママの本音(意見)なのだそうです。ベビーカーも進化していて、兄弟・姉妹のいる家庭から注目されているのは、ベビーカーに取り付けられるツールにあるようです。 決して安い価格ではないため、長く愛用したいもので、急いでいたり、上の子どもが疲れて歩けない時にはバギーボードが役立つようです。ボードの上に足を乗せられるので、上の子どもも一緒にラクラク移動ができます。

取り外しが可能

ヨチヨチ歩きができない月齢の赤ちゃんの移動手段、ベビーツールとしてのイメージのあるベビーカーですが、最近のものは一台で何役もの機能が付いていて、マルチに対応する点が注目できます。例えば、普段のお出かけ、ちょっとしたお散歩や公園デビューなどの移動手段に利用できますが、ベビーシートが取り外しできて、車での移動にチャイルドシート(カーシート)として3~4歳頃まで使えるようです。

安心できる仕様

クッション性のあるラバータイヤ、滑らかな走行がウリです。サスペンションで振動を吸収するなど、お昼寝する赤ちゃんを起こすことなくお出かけできるベビーカーに注目が集まっています。濡れても滑りにくいタイヤも魅力ですし、安全ベルトも装着できます。セーフティーバーもソフト素材、ベルトの素材は首回り、腰回りのこすれからガードできる素材です。

広告募集中